インターネット予約受付

道案内

〒135-0021 東京都 江東区 白河3-4-3
イーストコモンズ清澄白河 フロントタワー2F

電話03-5245-3387

江東区,清澄白河,耳鼻科,めまい,耳鳴り,アレルギー性鼻炎,しらかわ耳鼻咽喉科クリニック

アレルギー性鼻炎

アレルギー性鼻炎

現在、国民の30~40%の人がアレルギー性鼻炎にかかっています。発症も低年齢化しています。

アレルギーとは、体内に入ってきた異物に対して身体が敏感な反応を起こすことです。
敏感な反応というのは身体が異物に対して抗体を作り免疫反応を起こすことで起こり、本来身体を守るために必要な免疫反応が、逆に有害な症状を出すのがアレルギーです。

アレルギーを引き起こす元となる異物をアレルゲンと言います。代表的なアレルゲンには、ハウスダスト、ダニ、スギ花粉があります。

検査方法

いくつかの検査方法を組み合わせて診断を行います。
血中の抗体検査はアレルゲンに対する抗体の中で、アレルギー反応と関係のある、免疫グロブリンE(IgE)抗体の量を調べます。

花粉症の人は花粉に対するIgEの値が高いと言われます。
また、鼻汁の粘液を採取して、好酸球数を調べる鼻汁好酸球検査があります。

治療と管理

  • 薬物療法(抗アレルギー剤、抗ヒスタミン剤、漢方)
  • 外来での下甲介粘膜焼灼術(レーザー治療、高周波ラジオ波治療)

アレルギー性鼻炎は、体質的な病気であるので、お薬では治せない病気であること頭に置いておきましょう。
予防法として、アレルゲンを鼻の中に進入させないこと。マスクや鼻の入口部にゼリーを塗る方法が有効です。

アレルギー性鼻炎のラジオ波治療について

アレルギー性鼻炎のラジオ波治療は、病的にむくんだ鼻の中の粘膜をラジオ波によって焼く治療法です。
ラジオ波治療は、レーザー治療よりも比較的低温度で作用するため周辺の鼻の粘膜に対するダメージが少ないという特徴があります。

また、レーザー治療を繰り返しても鼻づまりの改善が悪い方に効果が期待できます。費用も治療処置もレーザー治療とかわりません。
この治療は、くしゃみ、鼻水、鼻づまりといった症状が改善され、特に鼻づまりがひどい方に効果的です。症状の改善率は、鼻づまりが90%程度、くしゃみ・鼻水は70%程度です。
アレルギー体質を根本的に治す治療ではありませんが、一度治療をすると1年から数年は効果が持続します(個人差があります)。

治療の時期は、通年性アレルギー性鼻炎の方は特に季節は関係ありませんが、スギ花粉症の方は、花粉飛散の2ヶ月前(1月中旬)までに行われたほうがいいでしょう。
実際の治療は、麻酔(鼻の中に麻酔薬のついたガーゼを挿入する)、ラジオ波焼灼をあわせて30分程度で、外来での治療が可能です。安全な治療であり、治療後の痛み、出血はほとんどありません。

帰宅してから多少鼻出血が続く場合があります。治療当日の入浴はひかえて下さい。治療後2~3日は一時的に鼻づまりがひどくなり、分泌物や血の固まりがでますので、こまめに受診されることをお勧めします。治療後2週間程度で鼻の中の状態はかなり落ち着きます。なお、1回の治療で効果が不十分であれば、再度ラジオ波治療を追加します。
費用は健康保険が適応され、3割負担の方で7,000円前後です。