インターネット予約受付

道案内

〒135-0021 東京都 江東区 白河3-4-3
イーストコモンズ清澄白河 フロントタワー2F

電話03-5245-3387

江東区,清澄白河,耳鼻科,めまい,耳鳴り,アレルギー性鼻炎,しらかわ耳鼻咽喉科クリニック

花粉症

花粉症

花粉症とは、スギやヒノキなどの植物の花粉が原因となって、くしゃみ・鼻水などのアレルギー症状を起こす病気です。
現在、日本人の約25%、すなわち4人に1人が花粉症だと言われています。また、季節性アレルギー性鼻炎とも呼ばれています。

症状

鼻の三大症状(くしゃみ、鼻水、鼻づまり)だけでなく、目の症状(かゆみ、なみだ、充血など)を伴う場合が多く、その他に喉のかゆみ、耳のかゆみ、皮膚のかゆみ、下痢、熱っぽい感じなどの症状があらわることがあります。

治療法

治療の主体は薬物療法となります。花粉症は体質的な病気ですので、お薬で治るものではありません。
花粉症が自然に治る率は10%前後と言われています。
また症状が出てからでは、十分な治療効果は得られませんので、花粉症の治療は、何といっても、「早めの治療開始(初期療法)」が症状軽減のカギになります。

花粉症の症状を出にくくする薬(抗アレルギー薬)は、飲み始めてから2週間前後に効果があらわれますので、花粉が飛び始める2週間位前から飲み始めることが望ましいと言われています。
お薬を飲みたくない方には、手術療法があります。これには、外来で安全に行えるレーザー手術やラジオ波焼灼術などがあります。
早めに先生に相談しましょう。

  1. 抗アレルギー剤の薬物治療
  2. 初期治療:花粉飛散の約2週間前(1月下旬~2月上旬)から、抗アレルギー剤を内服する
  3. 下鼻甲介粘膜焼灼術:当院ではラジオ波による治療を行っています
  4. スギ花粉症に対する舌下免疫療法:
    スギ花粉のエキスを毎日舌下から吸収させることで、スギ花粉症の症状を軽減させる体質改善の治療です。治療開始を希望される方は、「スギ花粉陽性の血液検査」を持参の上、6月~12月に来院してください。検査結果がない方は、まず採血検査を行い、治療の説明いたします。
    • スギ花粉の影響が出ている1月~5月に治療をスタートすることは出来ません。